2010年02月26日

ワインライト/グローバー・ワシントン・ジュニア

O[o[.jpg80年代のフュージョンシーンのアイドル
クロスオーバー・ミュージックの立役者でもあったジョージ・ベンソンやクルセイダーズ、ボブ・ジェームス、クインシー・ジョーンズなどと一時代を築いた一人だ。
サックス部門ではデビット・サンボーンと人気を二分していた。アルトサックスの他に、テナーやソプラノを使い分けているが、個人的にはソプラノサックスの演奏が好きだ。
ビル・ウィーザーズが歌う「ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス」は当時は爆発的なヒットを飛ばした名曲である。街中でもよく耳にしたし、FM局でもよく流れていた。何だかイイ音楽が詰まってそうな洒落たジャケットデザインは期待を裏切らなかった。
メローで甘美な世界は、のちのスムース・ジャズのお手本となるアルバムである。


posted by clubj at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック