2016年06月11日

The Lady Wants to Know/ローラ フィジィ

ローラフィジィ.jpgいつのまにか思いを馳せさせるアルバム
ボサノバジャズの入門としては、ブラジル音楽やボサノバを聴くのが一番ということで選んだ一枚。ハスキーで深みのある表現力と心地よい歌声に酔いしれてしまうアルバムです。
聴きなれた曲が沢山入っていることも入門用としてはおすすめ。夏のどんなシチュエーションでもイケるので車にも一枚あるといいね。
マイケルフランクスとのデュエット"Tell me all about it"は、アルバムの中でも、とても印象に残る名曲。他にもトゥーツシールマンスの参加も良いアクセントになっています。

posted by clubj at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175658659
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック