2009年08月08日

ア・ラブ・アフター〜ザ・ミュージック・オブ・イヴァン・リンス

C@X.jpg■夏の夕暮れ時にどうぞ
ブラジルのシンガー・ソングライター「イヴァン・リンス」のトリビュート・アルバムだ。
プロデューサーの底力なんだろうか?参加アーティストの凄いこと。スティング、ヴァネッサ・ウイリアムス、チャカ・カーン、ダイアン・リーブスと大物ばかりだ。
オープニングのスティングはいいなぁ。他のメンバーとは畑違いでちょっと異色だけど、ジャズやボサノバのアルバムでもゲストとして参加しているだけあって板についたものだ。イヴァン・リンスがこのアルバムの為に書き下ろした曲らしいが、スティングに実に良くハマッている。今は亡き、グロヴァー・ワシントン・JrのBのサックスも良く歌っているし、ニューヨーク・ヴォイセスもジャジーだしソウルフルなE、フレディーコールのロマンチックなHなどなど、飽きることのないバリエーション。ちょっと大人のブラジル音楽って感じで車でもイケルし、街中の夏の夕暮れ時にも合いそう。

posted by clubj at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月01日

サンセット/カミエル

Camiel.jpgオランダ発のスムースジャズはちょっとサウダージ
インターネットラジオで流れていた曲「El Alba」が気にいり、即購入。入手方法はAmazon経由でカリフォルニア州よりファーストクラスエアメールで取り寄せた。
薄っぺらい紙ジャケがいかにも向こうものの感じでいい。タイトな音と小刻みなリズムの独特のグルーヴ感がクールでカッコ良く、ストリングスとボーカルアレンジ、リズムトラックの音選びも日頃聴いているスムーズジャズとは一味違うものだ。ボサノバや民族音楽的な曲など、全体に温かかな感情表現的な作りになっている。
暑い夏、これからの季節に聴いてほしい、ちょっとサウダージなラウンジジャズ。

posted by clubj at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記