2009年07月04日

マドンナの宝石/ヨーロピアン・ジャズ・トリオ

[sAWYgI.jpg格調高いヨーロピアン・ジャズ  
ファンキーでグルーブ感があるアメリカン・ジャズと、スイング感と洗練されたヨーロピアン・ジャズ。好みもアメリカ派とヨーロッパ派とはっきり分かれるほど両者のジャズスタイルは違う。
「ヨーロピアン・ジャズ・トリオ」はクラシックの文化の中で育っただけあって、繊細さと洗練さの品の良さが国内のファンを魅了している人気のトリオだ。
リラックスして聴ける邪魔にならないジャズだが、いつの間にかじわじわと胸にしみ込んでくる。アルバムはクラシックを素材にした作品集だが、見事にジャズにアレンジされクラシックの名曲の新しい魅力を引き出している。外に出られないこんな時期には、読書でもしながらBGMにいいかもしれない。

posted by clubj at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記