2016年06月11日

The Lady Wants to Know/ローラ フィジィ

ローラフィジィ.jpgいつのまにか思いを馳せさせるアルバム
ボサノバジャズの入門としては、ブラジル音楽やボサノバを聴くのが一番ということで選んだ一枚。ハスキーで深みのある表現力と心地よい歌声に酔いしれてしまうアルバムです。
聴きなれた曲が沢山入っていることも入門用としてはおすすめ。夏のどんなシチュエーションでもイケるので車にも一枚あるといいね。
マイケルフランクスとのデュエット"Tell me all about it"は、アルバムの中でも、とても印象に残る名曲。他にもトゥーツシールマンスの参加も良いアクセントになっています。

posted by clubj at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月19日

イン・ボストン/クリス・ボッティ

クリスポッティ.jpg至高の名演は心を熱くする。
ボストンでのライブ盤です。
豪華なゲスト、煌びやかなストリングス、演出、構成、全てがどう言葉に表していいのか困ってしまうくらい素晴らしい。
実は、DVDが出ています。会場の全員が演奏に魅了され一体となっている雰囲気が画面を通して伝わってきます。誰もがこの日、幸せな時間を共有したに違いない。
スティングやヨーヨー・マ、スティーヴン・タイラー、他どれも見逃せない演奏ばかりで万華鏡を見ているかの様な素敵な気持ちにさせられる。キャサリン・マクフィーが歌う「アイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン」は、キュートでついつい見いってしまった。「フラメンコ・スケッチズ」も印象に残る名演。サイドメンもいいしマーク・ホイットフィールドのギターも見逃せない。
クリス・ポッティの哀愁と情熱的な世界にどんどんひきずりこまれていきます。

映像が目に焼きつき、消えない余韻が続く。
posted by clubj at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月15日

ペイトンズプレイス/ニコラス・ペイトン

ニコラスペイトン.jpg気持ちいいくらいジャズしてる。
サイドメンをがっちりかため、ウィントン・マルサリスやロイ・ハーブローグ、ジョシュア・レッドマンをゲストに、クールな演奏が12曲も続き気持ちのいいジャズが聴けます。
時には躍動的に時にはグルービーにモダンでモードなスタイルとケレン味のないストレートな演奏はクール。
テンポの良い曲やスロー、バラードなどメリハリのある構成は店のBGMにも良さそう。スタイリスティックスのヒット曲「ピープル・メイク・ザ・ワールド・ゴー・ラウンド」のカヴァーのアプローチもいい!
ジャズを聴き始めた初心者にも良い刺激になるおすすめのアルバム。
posted by clubj at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月26日

ワインライト/グローバー・ワシントン・ジュニア

O[o[.jpg80年代のフュージョンシーンのアイドル
クロスオーバー・ミュージックの立役者でもあったジョージ・ベンソンやクルセイダーズ、ボブ・ジェームス、クインシー・ジョーンズなどと一時代を築いた一人です。
サックス部門ではデビット・サンボーンと人気を二分していました。アルトサックスの他に、テナーやソプラノを使い分けているのですが、個人的にはソプラノサックスの演奏が好き。
ビル・ウィーザーズが歌う「ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス」は当時は爆発的なヒットを飛ばした名曲で街中でもよく耳にしたし、FM局でもよく流れていました。何だかイイ音楽が詰まってそうな洒落たジャケットデザインは期待を裏切らなかった。
メローで甘美な世界は、のちのスムース・ジャズのお手本となるアルバムです。


posted by clubj at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ハイダウェイ/デイヴィッド・サンボーン

frbhT{[.jpg僕をジャズへ導いたアルバム
70年代のクロスオーバーミュージックからフュージョンに移り変わる過渡期、80年の名作。
心地よいだけのマンネリ化したクロスオーバーに終止符を打ったと言っても過言ではない衝撃的なアルバムでした。ハンク・クロフォードの影響を受けながらも、誰もがマネの出来ないオリジナリティーをもつサンボーンは流麗なメロディラインの中に筋の通った硬派な音楽を創り出しています。
初心者でも気にならないアドリブにはジャズの要素がたっぷり詰まっている。共演者も凄くアイディアにあふれたクオリティーの高いアルバムだ。タイトル曲を初めて聴いたときの衝撃は今でも忘れることができないし、2曲目の「カーリーへ捧ぐ」は今どきの言葉なら「ヤバイ」だろうか。
心に染み入る泣きのサンボーン節は歌心に溢れている。
感性豊かだったあの頃のマイ・フェバリット・アルバム。

posted by clubj at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月23日

リファレンス・ポイント/アコースティック・アルケミー

t@X.jpgアコースティックに魅せられて
イギリス出身のアコースティック・ギター・デュオです。
なんとなくゴンチチを思わせる独特の世界観はニューエイジ的でもあり、スムース・ジャズとは言えないかもしれない。
スチール弦とナイロン弦のハモリの一体感。アコースティック・ギターの音色の魅力を再発見させるほど素晴らしいアーティストだと思います。
澄んだ音と哀愁を感じさせるプレーは、スローから小気良いリズムに乗ったスピード感あるプレーまで聴きものだ。まるで生音のような臨場感はGRPらしい録音だ。
豊かな才能は、デイブ・ブルーベックの「テイク・ファイブ」を聴くと分かるのですが、見事なアレンジと奥深い表現力はとにかくクリエイティブ。

posted by clubj at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月14日

ワン・オン・ワン/ボブ・ジェームス&アール・クルー

vicj61518.180.jpg秋風を感じながらジャズ・クラシックを聴く                              
数々のヒットアルバムをリリースしているボブの70年代後半の名盤中の名盤です。心地良いメロディアスなインストゥルメンタル・アルバムですが、何度聴いても邪魔にならない極上のBGM空間を創り出してくれます。ニューヨークを想わせる都会的なアレンジとアール・クルーの洗練されたアコースティックなギターサウンドは、最上級のコラボレーション。
アール・クルーは黒人ですが、黒っぽさはなく明るく爽やかなプレーが持ち味だ。
ボブの音楽に自然に溶け込んでいる。

posted by clubj at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月06日

イッツ・オール・グッド/ブライアン・シンプソン

uCA.jpgスィート&メローなアーバンミュージック
まるで60〜70年代頃のジャケット・デザインですが、まぎれもなく現代のスムースジャズ界の人気キーボード奏者ブライアン・シンプソンの2006年にリリースしたアルバムです。
ファンキーでリズミカルなアルバム・タイトル曲@は米ラジオ&レコード詩のスムース・ジャズ・チャートで5週連続No.1を記録した佳曲。ロマンチックでディープなバラードC「Twilght」もとても印象に残る曲。ジャズをバックグラウンドにしながら、ブラックミュージックの影響も受けており、一音一音に魂をこめ歌い上げるスタイルはバラードに本領を発揮するように思う。
アコースティックな音楽構成とサイドメンのサポートも聴き逃せない。
少しづつ秋めいてきたが、夜の時間が長くなるこれからに聴いてもらいたいアルバムだ。

posted by clubj at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月08日

ア・ラブ・アフター〜ザ・ミュージック・オブ・イヴァン・リンス

C@X.jpg■夏の夕暮れ時にどうぞ
ブラジルのシンガー・ソングライター「イヴァン・リンス」のトリビュート・アルバムだ。
プロデューサーの底力なんだろうか?参加アーティストの凄いこと。スティング、ヴァネッサ・ウイリアムス、チャカ・カーン、ダイアン・リーブスと大物ばかりだ。
オープニングのスティングはいいなぁ。他のメンバーとは畑違いでちょっと異色だけど、ジャズやボサノバのアルバムでもゲストとして参加しているだけあって板についたものだ。イヴァン・リンスがこのアルバムの為に書き下ろした曲らしいが、スティングに実に良くハマッている。今は亡き、グロヴァー・ワシントン・JrのBのサックスも良く歌っているし、ニューヨーク・ヴォイセスもジャジーだしソウルフルなE、フレディーコールのロマンチックなHなどなど、飽きることのないバリエーション。ちょっと大人のブラジル音楽って感じで車でもイケルし、街中の夏の夕暮れ時にも合いそう。

posted by clubj at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月01日

サンセット/カミエル

Camiel.jpgオランダ発のスムースジャズはちょっとサウダージ
インターネットラジオで流れていた曲「El Alba」が気にいり、即購入。入手方法はAmazon経由でカリフォルニア州よりファーストクラスエアメールで取り寄せた。
薄っぺらい紙ジャケがいかにも向こうものの感じでいい。タイトな音と小刻みなリズムの独特のグルーヴ感がクールでカッコ良く、ストリングスとボーカルアレンジ、リズムトラックの音選びも日頃聴いているスムーズジャズとは一味違うものだ。ボサノバや民族音楽的な曲など、全体に温かかな感情表現的な作りになっている。
暑い夏、これからの季節に聴いてほしい、ちょっとサウダージなラウンジジャズ。

posted by clubj at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記